「COVID-19」由来は?読み方はなんて読むの?新型コロナウイルスの正式名称

連日ニュースで報道されている新型コロナウイルスの正式名称がWHOより「COVID-19」として決定されました。検疫官の感染が確認されたり死者感染者が増えていく中、ほんとに恐怖の中で生活を強いられている状態で、一刻も早くワクチンの開発や治療薬の開発が望まれるところですね!

その一方なぜ「COVID-19]と決定されたのかの由来や理由。また読み方はどのように読むのが正解なのか調べてみました。

新型コロナウイルスとは

出典 https://news.tv-asahi.co.jp/

コロナウイルスというのはもともとは風邪の原因の大半を占めるもので、実は皆さんもよく罹っているものだそうです!

その中でも重症化するものとして、

  • 中東呼吸器症候群(MERS)
  • 重症急性呼吸器症候群(SARS)

などといった以前爆発的に流行してしまったものも含まれるようです。

そして今回の新型コロナウイルスとはその名の通り「新型」つまり新しく進化してしまったコロナウイルスのことを指すようです。

WHOによると潜伏期間は12.5日として14日の経過観察を推奨されているようですが、ニュースを見ての通りいろんな情報が出回っている為、不正確な面がありますね、、

新型コロナウイルスの正式名称は「COVID-19」由来は?

WHO(世界保健機関)は新型コロナウイルスの正式な名称について「COVIDー19」(コビッド・ナインティーン)とすると発表しました。

 テドロス事務局長によりますと、名称は「コロナ」「ウイルス」「病気」の英単語の頭文字と「2019年」を由来に名付けられました。

https://news.tv-asahi.co.jp/より抜粋

SNSなんかでは「地名をつけなかったのは忖度か?」などというコメントが見られましたが、

原則、こういった名称に地名、国名、動物や個人名はつけないというルールがあるようです。

スポンサードリンク

新型コロナウイルスの正式名称は「COVID-19」の読み方は?

では、この「COVID-19」はどのように読むのかというと

「コビッド・ナインティーン」

何となくはわかっていたものの正式名称を確認すると、話をするときに少しホッとしますね。

現在はマスクも品薄で購入が難しいので、対策が取りずらいですが、基本的にインフルエンザと同じ対策の仕方でよいとの事で、私が過去に書いた花粉症対策グッズが役に立つかもしれないので、その記事を載せておきますね!

春のツラい目のかゆみや鼻水。咳くしゃみ。花粉症の対策はどうする?おすすめグッズは?

こちらにはマスク以外のグッズもご紹介していますので是非確認してみてください!

コロナウイルス関連でUSJの記事も書いておりますのでそちらもよければどうぞ

USJの待ち時間や混雑状況は?コロナウイルスの影響は?対策のおすすめグッズ

出典 https://www.supersento.com/

スポンサードリンク

まとめ

  • 新型コロナウイルスの正式名称は「COVID-19」。
  • 「COVID-19」の読み方は「コビッド・ナインティーン」。
  • WHOのルールで病名には地名、動物個人などは引用しない。

でした。まだまだ沈静化には程遠いように感じますので、皆さんもぜひ細心の注意を払って外出されるようにお気を付けください。

最後まで読んでいただきありがとうございます!