森星が出禁ってなぜ?ドリカムのライブを出入り禁止の理由。連れの男が原因?

先日森星がDREAMS COME TRUE(ドリカム)のライブを出禁になったという報道がされましたが、なぜ?と疑問に思われた方も多いでしょう。報道によると連れの男性の行動が原因かともいわれていますが、その報道が事実なのか、そしてこの報道がされるきっかけになった原因や理由を調べていこうと思います。

是非最後までお読みください!

出典 https://seo-agent.net/

スポンサードリンク

ドリカムのライブを出禁になったと噂の森星ってどんな人??

まずは簡単なプロフィールから

出典 https://article.auone.jp/

森星(もりひかり)

1992年4月22日生まれ

身長172cm

ファッションデザイナーの森英恵の孫でファッションモデルとして活躍中

ドリカム出禁報道の一部始終

ではなぜ森星はこのようなドリカムのライブを出禁になったと報道されることになったのか、報道の一部始終を調査してみました。

週刊女性PRIMEの記事を見てみると

憧れのドリカムでツレが大暴走

もともと、「ドリカムの大ファン」を公言している森。’15年にはドリカムのアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』のCMにも出演していたほど。’19年に開催されたドリカムの全国ツアーも、

「星ちゃんは“どうしても行きたい”と、レコード会社の知り合いに頼み込んでチケットを手配してもらったそう。すごく喜んで、大親友の男性を1人誘ってライブに行ったんです」(前出・レコード会社関係者)

ところが! 事件はそのライブで起きていた。

「ライブ終わりに、その連れの男性と一緒にドリカムへ挨拶に行ったんですが、その男性がドリカムのいる楽屋の前で大声で騒いだり歌いだしたり。あげくに、あろうことか楽屋前の通路で、持ち込んだスケボーを乗り回し始めちゃったんです!」(イベント運営スタッフ)

もはや“宇宙人”な大親友

週刊女性PRIMEより引用

と書かれています。

どうやらこの報道の渦中はこの連れの男性YOSHIが発端であると思われますね、、

そのほかにも

~省略~

一方で、その“何様”っぷりもそうとう取りざたされていた。

「その主演映画の会見では、年上で先輩でもある菅田さんや太賀さんだけでなく監督にまで“タメ口”。“主演のYOSHIでぇぇす! イエェェェイ!”と叫んで、取材陣一同を“……あの子、宇宙人?”とア然とさせました」(前出・テレビ局関係者)

週刊女性PRIMEより引用

というような記事もあり以前からYOSHIという男性の立ち振る舞いに周りは困惑していたようですね、、

この報道を受けSNSでの反応は?

SNSではこの報道についていろいろな意見が飛び交っています。

ドリカムのやつ、記事が事実かどうか(ドリカム側 が森星を出禁にしたということ)は置いておいて、そんなことを書かれるような事をするのがダメなんじゃないの? 例え大袈裟に盛られた記事だとしても、そのガキの態度が気になって腹を立てた大人がいるってことは間違いないんだと思う。

やっぱりただのクソガキだったんだな。 Yoshiとかいう奴は 人様に迷惑を掛けるな。

といったような厳しい意見が多く見られました。

確かに報道の通りであるならば、結構迷惑な行為ではありますが、、

この報道には続きがあったのです!!

スポンサードリンク

ドリカム中村さんが報道を否定!!

そうなんです!この報道の後中村さんが自身のブログで報道内容を否定されているのです!!

出典 https://lineblog.me/

週刊女性PRIMEの記事、

森星が憧れのドリカムツアーで
“出禁処分”、原因になった話題
の「宇宙人男」

について。

~省略~

事実ではありません。

つきましては、この記事に対し
てSNSでリアクションされた皆
様、取り上げたWEB NEWS関
係者様には、事実ではないこと
をご理解して頂いた上、速やか
に内容の修正、削除をお願いい
たします。

このことにより、森星様を傷つ
け、ご迷惑をおかけしてしまっ
たことをお詫び申し上げます。

また週刊女性様には、理由がど
うであれ、事前にお願いするこ
となく記事を引用させて頂いた
ことをお詫び申し上げます。

公式ブログより引用

すべての報道内容について否定されていますよね!

そしてすべての立場の人に謝罪しています!

どれだけできた人なんだろうと感心しました!

本当に包容力のあるかたです!!

まとめ

  • 森星ドリカム出禁報道はすべてデタラメ!
  • でもYOSHIは普段から立ち振る舞いが少し変わっているとの事。
  • ドリカム中村さんの包容力は半端ない!

最後まで読んでいただきありがとうございます!