朝ドラ「スカーレット」でトレンドに!慢性骨髄性白血病ってどんな病気?ネタバレ注意!

ネタバレ注意!現在放送されている朝ドラ「スカーレット」で俳優の伊藤健太郎が役を務める川原武志が今回の放送で慢性骨髄性白血病が発覚する。慢性骨髄性白血病とはいったいどんな病気なんでしょうか?調査してみました!

スポンサードリンク

朝ドラ「スカーレット」でトレンドに!慢性骨髄性白血病ってどんな病気?

出典 https://www.nhk.or.jp/

俳優の伊藤健太郎が役を務める「川原武志」。

この武志が慢性骨髄性白血病と診断されてしまう。

慢性骨髄性白血病は身体でどういった変化が起こる病気なのか。

血液中の血球数は、通常は一定の数に保たれていますが、血液をつくる過程で異常が起こると、白血球や赤血球、血小板の数が病的に増加することがあり、これらの病気を総称して骨髄増殖性腫瘍と呼びます。慢性骨髄性白血病は骨髄増殖性腫瘍に分類されます。

本来出血を止めたり、酸素を体中に運んだり、体内のばい菌を排除してくれるような血液中の細胞が病的に増えすぎて身体に異変が起こるという病気のようですね。

症状は??

慢性骨髄性白血病の場合には、白血球ががん化して白血病細胞となっても、ほぼ正常の白血球と同じ働きをする上にゆっくりと進行するため、初期の段階ではほとんど症状がありません。そのため健康診断などで白血球数の増加を指摘され、偶然見つかる場合が半数以上を占めます。

初期症状は身体の変化は診られにくいようですね。

病気が進行すると、次第に白血球数や血小板数の増加、貧血がみられるようになります。白血球数が増加するに従って、全身の倦怠感(けんたいかん)無気力夜間の寝汗体重減少脾臓(ひぞう)の増大による腹部の膨満感(ぼうまんかん)などの症状があらわれます。

主に倦怠感のような重だるい症状が多いようですね、、

原因は??

発症の原因のほとんどは、染色体の9番と22番の一部が入れ替わることにより、フィラデルフィア染色体(Ph:Philadelphia chromosome)が生じることです (図2)。フィラデルフィア染色体上にはBCR-ABL融合遺伝子という異常な遺伝子が形成されます。BCR-ABL融合遺伝子からつくられるタンパク質は、血液細胞を過剰に増殖させる働きがあるため、慢性骨髄性白血病を発症させます。

つまりは染色体の異常ということですね。遺伝子に異常をきたすことで、血液細胞の異常な増殖があるということですね。

スポンサードリンク

朝ドラ「スカーレット」でトレンドに!白血病を患った有名人

  • 競泳の池江璃花子選手

出典 https://konamiopen.jp/

  • アナウンサーの大塚範一さん

出典 https://www.jprime.jp/

  • 俳優の渡辺謙さん

出典 https://eiga.com/

皆さん現在も健在で元気に過ごされているとの事です。

治療法もだんだん良くなってきているようですので、不治の病とはならないようになってきているようです。

これからもどんどん進歩して、治癒率を高めていただきたいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございます!