ダチョウマスクの効果は?なぜコロナを撃退できる?開発者は誰?買えるの?

3/10に放送される「ガイアの夜明け【見えない敵と闘う~“新型コロナ”に立ち向かう企業~】」にてウイルスに対抗するべくダチョウの抗体を使ったマスクが開発されている。いったいどういった仕組みでウイルスを撃退できるかも気になるところですし、どの企業が作っていて研究をしている人は誰なのか?そしてそのマスクは今買えるのか??調査してみました!

スポンサードリンク

コロナを撃退できる?ダチョウマスクってどんなものなの??

ダチョウマスクが現在流行しているコロナウイルスに有効であるとして注目を浴び、今回のガイアの夜明けで特集が組まれるが、いったいどのような機序で撃退することができるのか調べてみました!

「ダチョウ抗体マスク®」 は、従来タイプのウイルス対策用マスクに使用されている”静電フィルター”に加え、抗原抗体反応によりウイルス、花粉アレルゲンに瞬時に結合してカットする”ダチョウ抗体フィルター”を組み込んだ不織布製マスクです。

引用 https://www.koutai-mask.com/

“ダチョウ抗体フィルター”には、花粉アレルゲン、季節性インフルエンザ(Aソ連型・A香港型・B型)に加え、新型インフルエンザ(A/H1N1)、鳥インフルエンザ(H5N1) 、鳥インフルエンザ(H7N9) に対して選択的に結合するIgy抗体が数100兆個以上、敷き詰められています。感染に不可欠なウイルスの表面の突起を”抗体”が覆ってしまうので、ウイルスからのリスクが低減するといわれてます。

引用 https://www.koutai-mask.com/

つまりは悪さをするウイルスの表面を抗体が覆ってしまうので悪さをすることができないということですね!

しかも今回の新型コロナウイルス(COVID-19)以外にも様々なウイルスから守ることができるというのは本当に素晴らしい発明ですね!

開発者は誰??

このダチョウ抗体マスクを開発したのは誰なのでしょうか?

それは獣医学博士

塚本康浩教授

だそうです!

出典 https://www.kyoto-np.co.jp/

塚本 康浩(つかもと やすひろ)

1968年生まれ

京都府出身

獣医師・獣医学博士として活動

京都府立大学大学院生命環境科学研究科教授も務められています。

1999年に本格的にダチョウやダチョウの抗体の研究を始めたそうです。

2008年6月には京都府立大学発ベンチャー「オーストリッチファーマ株式会社」を設立。

ダチョウの卵から抽出した抗体を用いて新型インフルエンザ予防のためにマスクを開発したとの事。

現在はこのダチョウ抗体マスクは買えるの?

出典 https://item.rakuten.co.jp/

楽天市場で検索したところ、普通に通販でも買えるようです!

3枚入りで3700円と決して安くは無い商品ですが、研究開発された塚本 康浩教授のことを考えるといたって妥当な価格ではないでしょうか!

これから研究がどんどん進めばもう少し安くなるかもしれませんしね!

スポンサードリンク

ダチョウマスクの効果は?なぜコロナを撃退できる?開発者は誰?買えるの?まとめ

  • ダチョウ抗体マスクはウイルスの表面をダチョウの抗体が覆うことによってウイルスが悪さできなくする為、ウイルスが不活化する。
  • ダチョウ抗体マスクを研究されたのは京都府立大学大学院生命環境科学研究科教授も務められています獣医学博士の塚本 康浩教授。
  • ダチョウ抗体マスクは現在製品化されており通販でも買うことは可能。

最後まで読んでいただきありがとうございます!