B’z松本孝弘ソロツアー2020サポートメンバーまとめ

2/26の公式ホームページにてB’zの松本孝弘が2020年にソロツアー「Tak Matsumoto Tour 2020 -Here Comes the Bluesman-」を行うことが告知されました。B’zとはまた違った良さがある全編松本さんのギターを前面に押し出した、音色に酔いしれるツアーとなっていますが、B’zとしても2019年に行われた「B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-」が同日に発売されそこでのサポートメンバーが一新されたことでメディアにも大きく取り扱われましたが、今回のソロツアーではどんなサポートメンバーが参加するのか調査してみました。

スポンサードリンク

B’z松本孝弘ソロツアーの今回のツアーの概要

出典 https://bz-vermillion.com/

今回のツアーは全8公演行われるようです。割と小規模で行われるようですね!同時期に行われる稲葉浩志率いるINABA/SALASのツアーの半分程度のようですね!その分倍率が凄そうですね!!

ツアースケジュールは以下の通りです!

6.16 (火) 北海道 サッポロファクトリーホール
6.19 (金) 福岡 Zepp Fukuoka
6.22 (月) 愛知 Zepp Nagoya
6.23 (火) 愛知 Zepp Nagoya
6.25 (木) 宮城 仙台Rensa
6.29 (月) 東京 Zepp Tokyo
6.30 (火) 東京 Zepp Tokyo
7.5 (日) 大阪 大阪城音楽堂
主要都市のライブハウスを中心に行われるようですね!
SS席(ファンクラブのみ)は¥13000 S席は¥10000
さすがビッグアーティストは規模が違いますね!!

今回のB’z松本孝弘2020ソロツアーのサポートメンバーは??

では今回のB’zの松本孝弘のソロツアーに帯同するサポートメンバーは誰なのか??

公式の発表では

【 サポートメンバー 】
[ Guitar ]:大賀好修 /  [ Keyboard ]:川村ケン /  [ Bass ]:Steve Billman /  [ Drums ]:Brittany Maccarello

となっております。

サポートギターに大賀好修が入っていることがファンとしては本当にうれしいのではないでしょうか!大賀さんと言えば2018年までB’zのサポートギターをしておりファンも多かったのではないでしょうか。2019年のメンバー一新で大賀さんもメンバーから外れていたため今回のアナウンスはファンは喜んでいることでしょう!

スポンサードリンク

B’z松本孝弘2020ソロツアーのサポートメンバーの経歴紹介

出典 公式Instagramスクショ

それではサポートメンバーの経歴を紹介していきます!

サポートギター:大賀好修

出典 http://ymmplayer.seesaa.net/

大賀 好修(おおが よしのぶ)

1971年4月8日生まれ

兵庫県出身

インストバンド「Sensation」のギターを担当。

B’z、ZARD、倉木麻衣などの大物アーティストのサポートを務め、生粋のギター職人。

演奏動画はこちら

ギターフェスタ 大賀好修 デモ演奏 B'z

サポートキーボード:川村ケン

出典 https://www.senzoku.ac.jp/

川村 ケン(かわむら けん)

1968年11月25日 生まれ

東京都出身

安室奈美恵、玉置浩二、ゆず、KinKi Kidsなどのサポート経験があり、いろんな鍵盤を使いこなすマルチキーボーディスト

演奏動画はこちら(川村ケンさんは5:08~)

シンセサイザー MOTIF XF 『アーティストが作るMOTIF XFの音』

サポートベース:Steve Billman

出典 https://www.lacm.edu/

Steve Billman

カリフォルニア出身

過去にも松本孝弘ソロツアーに参加経験があり、息はぴったりかと思います!

演奏動画はこちら

Kala UBASS booth at NAMM Daniel Ho & Steve Billman

サポートドラム:Brittany Maccarello

出典 https://myspace.com/

Brittany Maccarello

B’zのNEW ALBUM「NEW LOVE」のRain & Dreamとゴールデンルーキーという曲で参加しており、女性でありながらパワフルかつ繊細なドラムを披露している。

演奏動画はこちら

B.o.B. – Outta My Mind Ft. Nicki Minaj (Drum Cover By Brittany Maccarello)

まとめ

今年のB’zはソロの活動がメインになりそうですね!寂しい部分もありますが、また違った一面が見られることは楽しみではありますね!!

最後まで読んでいただきありがとうございます!