肩こりや腰痛に大活躍のシップ!温湿布と冷湿布どっちが良い?

日々お仕事や運動で頑張っておられる皆様は恐らく一度は日常で「湿布」を使ったことがあるでしょう。

しかし市販の湿布には「温湿布」と「冷湿布」の表記がありますよね。いったい自分の症状にはどっちを使えばよいのか悩むことはありませんか??そんな疑問に対して記事をまとめてみました!

温湿布と冷湿布の効能やしくみ

まず温湿布は何故温かく感じるのかというと成分の中に「カプサイシン」というトウガラシの成分が入っているためです。これが皮膚表面の温度感覚を刺激して温かく感じるわけです。

反対に冷湿布はというと成分の中に「メントール」といわれるスゥーっとする所謂ハッカのような成分が入っていてそれが皮膚の温度感覚を刺激して冷たく感じるわけです。

他にも抗炎症剤サリチル酸メチルなど炎症を抑える薬も含まれており、この含有量が多いほど鎮痛効果が高いといえます。

がしかし、含有量が高いほど副作用も強く皮膚がかぶれやすいという難点もあります。

そして材質にも種類があり、

ハップ剤

水分量が多く蒸発を利用して患部の熱を下げてくれるが、時間経過とともに効果が減少しやすい。

プラスター剤

粘着力が強く動きが大きい関節面にも密着しやすいが長時間の使用はかぶれの原因にも。

どんな時にどちらを使えばよいか??

ではこの2種類をどのように使い分ければよいかということなのですが、大まかに症状には2種類の分類で分けられ、

  • 急性期
  • 慢性期

に分けられ主に

急性期には冷やす

慢性期には温める

と言われています。もちろん一概には言えませんので医療従事者に確認をしてくださいね!

なので、それぞれに使い分ければいいのですが、この「カプサイシン」と「メントール」は皮膚の温度感覚を刺激するのですがあまり皮下組織の温度には影響をもたらさないということが分かっています。

つまりは

「温」「冷」

好みでよいということです。

管理人が柔道整復師、鍼灸師として仕事上この件で相談されることが多いですが、上記のような説明をして悪くなった方は今のところいらっしゃいません。

とは言っても個人差はあると思いますので、身近な医療従事者に相談するようにしてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。